★外壁のヨーロッパ漆喰塗り〜Ki様邸

Ki様邸では大工さんの工事が完了し、左官さんが仕上げ工事に取り掛かりました。
 km022801.jpg 外壁は弊社極秘のブレンドしたヨーロッパ漆喰で仕上げています。仕上がりや耐久性など色んな工夫を施しています。
 また窓下には雨垂れ防止のための水切りを取り付けています。最近では標準仕様となりました。この水切りのおかげで漆喰壁に良くありがちな雨だれ跡の心配は不要です。 km022802.jpg

完成まであと少し。見学会に向けて慌しくなってきました。

 

★無垢オークのフローリング〜Ki様邸

Ki様邸では大工さんと左官さんが作業を進めています。
 ki011701.jpg 1階の床には無垢オークのフローリングが貼られています。このフローリングは予め植物オイルで塗装しました。先に塗装することで綺麗に仕上げる事ができ、汚れ防止にもなります。
 外部では左官さんがモルタルを塗りつけるためのラス金網を張っています。このラスは一般的なものと金網の形状が全く違うもので、クラックを格段に減らす事ができます。 ki101702.jpg

今日は日中も冷え込み風が強く吹いていましたが、職人さんが頑張ってくれています。

 

★本格始動〜Ki様邸

 ki011001.jpg 長いお正月休みも終わり、今週から現場が始動しました。いいお天気が続いています。
 外部では通気胴縁と土台水切りの取付が完了しました。
このあと、モルタルを塗りつけるための特殊なラス金網が取り付けられる予定です。
ki011002.jpg 
 ki011003.jpg 内部では断熱工事に取り掛かっています。その前に、気密を高めるための隙間埋めをしています。細かい部分ですが、気持ちが一番大切です。

来週には左官さんが合流し、現場が慌しくなってきます。

 

★シングル葺きの屋根〜Ki様邸

Ki様邸では屋根が完成しました。
 ki122501.jpg レッドシダーの板で葺かれたイメージに仕上がっています。
内部では構造の中間検査も終わり、年内はこれで仕事納めとなります。

本年は大変お世話になりました。どうぞよい年をお迎えください

 

上棟〜Ki様邸

今日の天気予報は雨模様。そんな中、Ki様邸の上棟を決行しました。
現場に到着すると昨夜からの雨もあがり、暑くも寒くもなく風もない絶好の作業日和になりました。
 ki1211502.jpg 小ネタですが、私のこだわりを少し・・・
土間に張られた黒いシート。足場の下だけでなく敷地全てを養生しています。このシートのお陰で雨が降っても泥で現場や道路を汚しません。また木屑や釘などのゴミが敷地内の土に混入するのを防ぎ、ホウキで掃き掃除も出来ます。写真のようにレッカーが入っても破れない強靭なシートです。職人さんには足元が気持ちよく仕事が出来ると非常に好評です。
 ki1211501.jpg もう一つ。。。
窓の上下のマグサには柱と同寸の太い横材を使用しています。差し鴨居と呼ばれる部材で、ボルトで固定しています。この部材は地震などの横揺れに対し木の接合部が減り込みを起こす事で揺れを吸収します。
また無垢材の柱特有のねじれや反り、割れなどの歪を防止するために非常に有効です。
 棟が上がったところでお施主様に記念撮影をしたいただきました。
心配していた天気も夕方まで持ちこたえ、予定以上に作業が進みました。
 ki1211503.jpg

Kiさま。今日はご丁寧な御もてなしをしていただき、本当にありがとうございました。
完成するのは春になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

★基礎着工〜Ki様邸

Ki様邸の基礎工事が始まりました。
現場は大自然の中の分譲地で、秋の紅葉に染まっています。
 kr112201.jpg 基礎下地の様子です。地盤は堅い『地山』なので、通常のベタ基礎仕様の予定です。

12月の上棟に向け、その他の準備も着々と進んでいます。