★完成〜Hi様邸

Hi様邸では外構工事が完成しました。

 2014040213132116416.jpg フランスの輸入瓦と漆喰の白が青空に良く似合います。外壁と同じ漆喰で作った門壁と茶色い板塀が建物を引き締めます。
 床にはアンテークレンガのアプローチと中庭を人工芝で舗装しました。手入れが要らず年中緑を楽しめます。web-hiri02.jpg 


弊社の作品がまた一つ増え、このお家の前を通る楽しみが出来ました。

 

★外壁の下地

本日仕事初めで現場が動き出しました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Hi様邸では左官さんが外壁のモルタルを塗っています。

 web-DSCN0552.jpg 写真は左官さんが2回目のモルタルを塗り付けている様子です。弊社独自の配合で練られたモルタルです。
 モルタルを塗り付けたあとすぐにクラック防止のためのメッシュを張り付けていきます。このメッシュは前にもご紹介しましたが、高速の高架などに使われる土木資材で、かなりの引張強度があります。またカッターナイフでは容易に切れないほどです。 web-DSCN0551.jpg


このあとモルタル下地が終わるとヨーロッパ漆喰が塗られる予定です。

 

★フランス瓦〜Hi様邸

Hi様邸では外部の工事が進んでいます。
 web-DSCN0347.jpg フランスから届いた瓦で屋根を葺いています。フランスの粘土瓦は強度・耐久性に優れ、本物のアンテーク瓦のような味わい深いデザインが特徴です。国産ではない事は一目瞭然の仕上がりです。また瓦の大きさは国産の約2倍で迫力があります。
 窓には防犯ガラスが装着された高断熱の樹脂窓が取り付けられています。構造は兵庫県産の杉やヒノキを使用しています。

構造検査も問題なく終わり、このあと大工さんは断熱工事に取り掛かります。
 web-DSCN0343.jpg

 

★上棟〜Hi様邸

Hi様邸では日曜日の晴天の下、上棟が行われました。

 web-DSCN0266.jpg 今回は長期優良住宅と兵庫県産木材融資制度、木材利用ポイントを利用した物件です。弊社では標準で県産木材を使用していますので、特に変更なしでこれらを使う事ができます。
木組みは私のこだわりで横架材を沢山入れています。
 前にご紹介しましたが、完成イメージの模型です。今回はフランスから輸入した瓦を使用します。。 web-20130803_171629_1.jpg


外部廻りの防水を急ぎ、お正月休みに備える予定です。

 

★上棟準備〜Hi様邸

Hi様邸では上棟の準備が整いました。

 web-DSCN0246.jpg 土台を敷き、断熱材が敷き詰められました。ホウ酸溶液の防蟻材も塗られています。
 同時に外部足場も組まれました。
敷地全体に養生シートも張られています。この養生シートは珍しいものなのですが、最近建材屋さんでも販売されるようになってきました。
 web-DSCN0248.jpg


最後に材料が運び込まれ、いよいよ日曜日の上棟を迎えます。

 

★基礎工事〜Hi様邸

Hi様邸の基礎工事が始まっています。
 web-DSCN0209.jpg

 写真は鉄筋工事が完了し、基礎の土間コンクリートが流し込まれる様子です。12/1の上棟に向け下準備も並行して進めています。