完成〜Of様邸

Of様邸の工事が完了しました。内外部の様子の一部です。
 web-20150117_104145.jpg


 web-20150117_104846.jpg
 web-20150117_131901.jpg web-20150116_163035.jpg
 web-20150118_094939.jpg web-20150118_102354.jpg
  
先日の完成見学会では、家づくりを真剣に考えておられる方に多数お越しいただきました。
皆さんのご意見やご感想を伺い、家づくりを一生懸命をやってきて本当に良かったと改めて実感する事ができました。
お施主様と弊社の渾身の想いが詰まったお家が完成です。


 

★造作ドア〜Of様邸

Of様邸では仕上げ工事が完了しました。
 web-20150108_155904_1.jpg 今回は加工場で大工さんが建具を造りました。倉庫に10年以上寝かせてあった木材で乾燥状態が非常に良いものです。加工から組み立て、塗装まで全て大工さんが一貫して造りました。
 web-20150110_135046_1.jpg 完成した建具の一部です。最新の金具も沢山取り入れ、開閉や調整が非常に簡単です。輸入の泡ガラスを大量に使用し、迫力があるインテリアに仕上がりました。6寸角の大黒柱を挟んで5枚のドアが並びます。

詳細は見学会にてご覧くださいね。

 

★家具製作〜Of様邸

Of様邸では大工さんが家具を作っています。
 web-DSCN1225_1.jpg
web-20141216_155245_1.jpg 

弊社では既製品はあまり使わず、ほとんどのモノを大工が手作りをしています。
加工場に家具用の機械を大量導入したので色んな加工出来るようになりました。
写真はシューズクロークの扉を作っている様子。
造作家具は品質管理が難しいのですが、私が設計し現場で直接大工と議論する事で、かなり完成度の高いものが造れるようになりました。

 

★外壁塗り〜Of様邸

Of様邸では内外部共に仕上げ工事に取り掛かっています。
 web-DSCN1214.jpg 外壁のモルタル下地にスタッコを塗り付ける様子です。見た目は従来の漆喰と見分けが付かないのですが、実は高性能な塗り壁材です。乾燥後は非常に硬くなり10円玉で擦っても傷が入りません。また汚れにくく高圧洗浄機にも耐えられます。

今までは漆喰の風合いに近いスタッコ材がなく採用を見送ってきましたが、このフラットな仕上がりなら納得していただけると思います。

この塗り壁材はリフォームにも対応。色のバリエーションもかなり増えました。
来週には足場が解体され、そのフォルムが披露される予定です。

 

★幅広パインフローリング〜Of様邸

Of様邸では屋根工事が終わり、内外装工事が進んでいます。
 web-DSCN1044.jpg 吹抜けの明かりを採るためのドーマ部分です。断熱上重要な部分なので、セルロースファイバー断熱材でしっかりと施工します。また屋根部分は断熱、耐久性を更に向上させるため、通気層を内外部共に設けています。
 外壁には通気層を設け、モルタルを塗り付ける下地のリブラスと呼ばれる金網が取り付けられました。まもなく左官さんが現場入りする予定です。web-DSCN1046.jpg 
 web-DSCN1060.jpg 床にはパインフローリングが貼られています。無垢材は既製品の合板フローリングに比べて一枚一枚にクセがあり、幅も厚みも微妙に違います。大工さんはその特徴を見極め削り合わせながら丁寧に貼っていきます。
このフローリングは幅が22cmもあり、あらかじめ植物オイルで丁寧に塗装を施しています。先に塗装する事で工事中の汚れを防ぐ事が出来ます。


今回は大きな吹抜けとドーマがあるリビングです。吹抜けは一般的に寒いのではと思われますが、弊社の高断熱仕様とエコな24時間蓄熱暖房で温度差の少ない快適な大空間づくりが可能となります。

 

★セルロースファイバー断熱〜Of様邸

Of様邸では断熱工事に取り掛かりました。
 2014102421160023010.jpgweb-DSCN1030.jpg 
 web-DSCN1032.jpg 小屋裏にはアメリカの新聞紙から作られたセルロースファイバー断熱材が吹き込まれました。写真の黄色い箱が吹き込むためのマシーンです。ブロック状の断熱材は細かく粉砕されホースで送りこまれます。天井裏の断熱材の厚みは25cmで、総重量は700kgにもなります。

下の写真は施工が終わった様子です。天井裏には遮熱性に優れたセルロースファイバー断熱材を、壁には保温性に優れた高性能なグラスファイバー断熱材を使用しています。



 

★フランス産輸入瓦〜Of様邸

Of様邸では外装工事が進んでいます。
 web-DSCN0995.jpg 外壁には樹脂サッシや木製玄関ドアが取り付けられ、雨仕舞いが完了しています。
 web-20141017_164144.jpg 屋根瓦が葺かれています。この瓦はフランス産で、日本製の瓦には無い風合いが特徴で、店舗や結婚式場などにも使われる事があります。大きさは日本の物と比べて1.5倍くらいあり、独特のウエーブ屋根に仕上がります。


 

★型枠〜Of様邸

Of様邸では基礎工事が進んでいます。
 web-20140919_150407.jpg 型枠が全て組み立てられコンクリートを流し込む準備が整いました。建物は高さが出てくると徐々に大きく感じるようになってきます。

10月の上棟に向け、その他の準備も着々と進んでいます。