★ビフォーアフター〜MI様邸

『大家族が集うダイニングテーブルのあるナチュラルリフォーム』の全貌です
 image24.jpgbefore  玄関
 ⇒ image1_142.jpg
after
 before  ダイニングキッチン
image23_1.jpg
  ⇒ 
image6_15.jpgafter
 before  リビングダイニング
image25.jpg
  ⇒ image5_23.jpg
after
 image21_4.jpgbefore  キッチン
  ⇒ image7_8.jpg
after


 image2_95.jpg玄関 image4_35.jpgかざり窓
 image11_6.jpgスノコ状の廊下 image9_3.jpg2階 洋室
 image3_56.jpgダイニング image8_5.jpgキッチン

リフォームの仕様

床・腰板・天井…パイン材オイル仕上げ
壁…ヨーロッパ漆喰塗り金コテ押え
建具・造作材…パイン扉オイル仕上げ(一部クリア仕上げ)
ダイニングテーブル…パイン材(はぎ接ぎ)w85×L270cm
キッチン…パイン扉・人造大理石カウンター・IH・食洗機
蓄熱式暖房器具・エコキュート(オール電化)
収納内部・洋室壁下地…ヘルスコート塗り(炭の塗料)
防蟻処理…ヘルスコキュア(防蟻用 炭の塗料)
その他、浴室システムバス・洗面台等・・・

 

★リフォーム見学会を開催しました〜MI様

MI様邸では1日限定のリフォームの完成見学会を開催しました。
今回の見学会は、開催日の1週間前に予約受付を開始したにもかかわらず、直ぐに定員に達しました。「自然素材を見てみたい」とおっしゃる方が多いのには驚かされます。
 image2_94.jpg 事前に見学の予約をされた10組25名の方が見学に来られました。

見学会の内部の様子です。見学者の方には手袋を着けていただいています。個人のお宅をお借りしていますので、マナーを守って見学していただく事が大切です。

見学された方のご感想です・・・


 image1_141.jpg

●全体にパインが使ってある事で、明るく気持ちの良い空間でした。

●既存の梁を生かしてあるところも「良いものをいつもでも・・・」と言う感じで素敵でした。

●天窓・収納・バリアフリーなど、明るい感じで良かった。

●とても良かったです。

●明るいパインと、収納のヘルスコート(炭の塗料)が良かったです。

●昔ながらの和、どっしりとした風合いの中に、パインのやわらかい手ざわり・足ざわりと、漆喰の空気感が何とも言えないです。

●すごくきれいなお家でした。また来てみたいと思いました。

●収納の内部が炭で塗ってあって、消臭効果があるのが気に入りました。あと、丸太梁を見せることで天井が高く見え、広々とした部屋の印象を受けたのが良かったです。
玄関の丸い窓もかわいかったです。子どもが喜びそうですね。



 image3_55.jpg 加西市の中川市長も視察に来られました。
市長はたいへん木がお好きで、特にパインのテーブルを気に入られたようです。

前回の視察の様子はこちら

加西市の住宅問題と、リフォームの必要性について話が弾みました。


MI様へ・・・
今回のリフォーム完成見学会を開催するにあたり、多大なるご協力をいただきました事に心より感謝申し上げます。また、見学に来られた方にも熱心に説明していただきありがとうございました。
住まわれながらの工事で工期も長く、お疲れの事と思います。当店では出来うる限りの心を尽くした工事が出来たと思っておりますが、末永く使っていただけましたら幸いです。今後とも末永いお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

 

★明日は見学会〜MI様

MI様邸では仕上げ工事も最終日を迎えました。
 image1_139.jpg玄関の床は、玉砂利をモルタルで固定する作業をしています。
 丸窓には障子がはめ込まれました。これはリビング側からの写真ですが、玄関からは、障子がさりげなく見える仕組みになっています。 image2_93.jpg
 image3_54.jpg 清掃作業の様子です。
床の養生も全て外され、眩しいほどのインテリアが姿を現しました。ドキドキの嬉しい瞬間です。

明日はいよいよ完成見学会です。お陰様で見学会の予約も満員御礼。
見学に来られる皆様からの感想が楽しみですね。

 

★洗い出し〜MI様

MI様邸では左官さんが玄関床の仕上げ工事をしています。
 image1_137.jpg これは「洗い出し」と言う仕上げ方法で、小さな玉砂利使います。
 玄関床からアプローチにかけて、玉砂利を塗り込んでいます。主に和風仕上げに使われてきましたが、洋風の仕上げにも良く合いますよ。 image2_91.jpg
 image3_52.jpg 玄関アプローチの様子です。階段の立ち上げ部にも連続して同じ仕上げにしました。
明日は、この玉砂利の隙間にモルタルを充填し、表面を研く工程に入ります。

 

★照明器具が付きました〜MI様邸

MI様邸では仕上げ工事が進んでいます。今日は照明器具が取り付けられました。
 image1_136.jpg ダイニングテーブルの上の3連ペンダントです。料理が美しく映える照明です。
玄関のブラケットです。
漆喰壁の凹凸がきれいに映し出される照明です。
 image2_89.jpg
4/29(火)に、リフォームの完成見学会を行います。見学会の予約ですが、お申し込み多数のためもう直ぐ締め切らせていただきます。見学ご希望の方はこちらからお早めにお申し込みください。

 

★炭の塗料〜MI様邸

MI様邸では内装工事が進んでいます。
 image2_88.jpg 黒いのは、ヘルスコートと言う炭の塗料です。押入れに仕上げとして塗っています。このヘルスコートは、湿気防止・消臭効果だけでなく、防虫効果にも優れています。
美術館の収蔵庫にも採用されていますので、その効果は立証済みなのです。
 仕上がるとこんな感じになります。真っ黒な仕上げは違和感があるかも知れませんが、収納の内部ならさほ問題ありません。
ちなみに黒いからと言っても汚れる心配は全くありませんよ。
 image3_50.jpg
 image1_134.jpg 2階の部屋の様子です。写真はパテ処理をしているところ。この壁は、炭を塗ったあと、非塩ビクロスで仕上げる予定です。
 左官さんが、和室のジュラクの塗り替えをしているところです。 image4_32.jpg
完成見学会を開催します!
このリフォームの完成見学会を4/29(火)祝日に予定しています。
見学ご希望の方は村田までご連絡ください。詳しい案内をお送りします。

 

★いよいよ塗り!!〜MI様邸

MI様邸では左官さんが本格始動です。
 image2_87.jpg 木部には自然オイルが施され、左官さんが下塗りに入りました。色んな職人さんで室内はごった返しています。
 左官さんが石膏ボードの上に下塗りをしている様子です。いつもながら見事なコテさばき。
ひび割れを防止するため、石膏ボードの継ぎ目にはメッシュテープを貼っています。
下塗りが終わると、ヨーロッパ漆喰で仕上げていきます。
一般的に、塗り壁の下地には「シーラー」と呼ばれる合成樹脂系の接着剤が塗られるのですが、当店では下地の素材にもこだわっています。
 image1_131.jpg
 image3_49.jpg 大工さんの工事は全て終わり、最後に丸太梁を磨いてくれました。長年、家を支えてきた梁ですので、磨くと艶と味が出てきます。

大工さんは8時過ぎまで残業してくれたようです。本当にお疲れさまでした。
職人さんは皆、口を揃えて「MDホームズさんの現場は面白い!」と言ってくれます。私の使う材料や色んな工夫、工法を楽しみにしてくれているのです。職人さんから喜んでもらえるのも、私にとって嬉しい事です。完成まであと少し。頑張りましょう!

 

★大きなダイニングテーブル〜MI様邸

今日は一日中雨が降りましたね。そんな中、MI様邸では9人の職人さんが作業を進めました。
 image1_129.jpg ダイニングには家族全員が集える大きなダイニングテーブルを取り付けています。
このテーブルは、インテリアに合わせてパイン材を選びました。温かみのあるナチュラルな仕上げになりそうです。
 2階では大工さんの工事が全て終わりました。天井さを取るために、丸太梁を見せる構造にしています。 image3_48.jpg
 image2_86.jpg テーブルの取り付けが完了しました。
テーブルの巾は85cm・長さが2m70cmもありますので、一度に10人まで座る事が出来ます。

 

★パイン扉のキッチン〜MI様邸

MI様邸ではキッチンの取り付けが完了しました。
 image2_85.jpgインテリアに合わせて、パイン材の扉で作られたキッチンを選びました。
写真は職人さんが取り付け工事をしている様子です。キッチンの他、家電収納や食器棚もパインで統一しています。
 リビングではキッチンの部材で溢れています。本当に沢山の部材が必要なのです。 image1_128.jpg
 image3_47.jpg キッチンの取り付けが完了しました。養生がされているので下部は見えませんが。
L型キッチンで、シンクの部分がダイニングと対面になっています。勾配天井のダイニングの家族の姿を見ながらキッチンで作業が出来る配置になっています。

 

★パイン腰板〜MI様邸

MI様邸では大工さんの工事も大詰めに入りました。
 image1_127.jpg 大工さんが、ダイニングの腰板を貼っている様子です。この材料は床や天井と同じ無垢パイン材。ナチュラルな色目を消さないよう自然オイルで仕上げる予定です。
床や窓枠・腰板などの造作材には、合板に塩ビシートを張り付けた「新建材」が一般的に使われていますが、当店ではリフォームでも「本物の自然素材」にこだわっています。
人が呼吸するのと同じで、自然素材も呼吸しています。だから室内の空気が気持ちいいのです。その違いは、実際に来ていただければ体感していただけますよ!
このリフォームの工事中をご覧いただけますので、見学ご希望の方は村田までご一報くださいね。