★リフォーム完成〜SU様邸

SU様邸のナチュラルリフォーム完成しました。
その全貌をご覧ください。
 image2_120.jpg image9_4.jpg
 image1_180.jpg image8_6.jpg
 image7_9.jpg image4_39.jpgimage5_24.jpg
 image6_16.jpg image10_8.jpg
 <リフォームの仕様>

●2階増築及び1階補強 その他改修
●外壁焼板 屋和瓦葺き
●床天井パイン材自然オイル塗装
●壁 ヨーロッパ漆喰塗り
●扉 パインドア
●オーダーキッチン 水栓 グローエ
●カップボード
●造作家具 パインテーブル他
●システムバス 洗面台 トイレ
●収納 ヘルスコート(炭の塗料)
●照明器具 カーテン

 image3_69.jpg



7/22(日)に開催した完成見学会の様子です。
今回は、4組の予約をいただいたお客さまが見学に来られました。
 image1_181.jpg 好評をいただいたオーダーキッチンの説明しているところです。
 明るいナチュラルな仕上がりが気に入られたようです。 image2_121.jpg


見学者された方のご感想です・・・


○自分自身の好みと合ったので、とても参考になりました。


○無垢パインと塗り壁がきれいでした。2階の色目が良かったです。


○炭の塗料で塗った収納に興味がありました。


○オーダーキッチンは、自分のお気に入りを作る事ができるので、使いやすくていいと思いました。無垢のパインは明るくかわいい感じで、漆喰壁は空気がとても心地よいのが気に入りました。今回の見学会で、木の良さが実感できました。


○造り付けの家具などオーダー感がいっぱいあり、やっぱり無垢材を一杯使ったおうちはいいなぁと思いました。キッチンは、自分の好きなものが付けられるので本当にいいと思います。



SU様へ

完成おめでとうございます。
まず今回の完成見学会を開催するに当たり、快く会場としてお貸しくださいました事にお礼申し上げます。
住まわれながらの長期に渡るリフォームでしたので、お疲れの事と思います。工事中は、色んなお気遣いをいただきまして職人共々感謝しております。ありがとうございました。
末永くご家族の団欒の場として使っていただければ幸いです。本当にお世話になりましてありがとうございました。今後共、良いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
村田

 

★リフォーム完成見学会を開催します〜SU様邸

理想の2世帯 ナチュラルリフォーム 
完成見学会のご案内

お施主様のご好意により、急きょ完成見学会を開催する事となりました。
お施主様と自然素材を一つ一つ吟味しながら丁寧に造り上げたお宅です。とても素敵なダイニングが1階と2階に全く違うテイストで 2つできあがりました。当店のこだわりをぜひご体感ください! 

 image1_178.jpg とき : 6月22日(日) PM1:00〜PM4:00
 ところ: 加西市北条町

★この見学会は完全予約制です!
※ご予約いただいた方のみ、詳しい案内を送らせていただきます。
予約はこちらからお願いします。



 
《こだわりと見どころ》

    当店オリジナル オーダーキッチン
お施主様と、扉やデザイン、水栓金具まで1つ1つ相談し、世界で1つのキッチンができあがりました。1階は落ち着いた家具調のオークの色目で、2階はナチュラルな色目で仕上げました。デザインと機能性に優れ、世界的に有名なグローエの水栓金具を2階に使用しました。
 
    炭の塗料
防蟻・防腐に、炭の塗料を基礎に塗っています。防蟻にも、薬剤を使わないのが当店のこだわりです。 

   
収納
奥様のこだわりで、空間に収納をたっぷりとったリフォームにしました。 

★1階★
    壁紙 
当店は基本的に塗り壁なのですが、どうしてもクロスがよいというお客様には、塩化ビニール紙を使用しない壁紙をご提案しております。塩化ビニール紙を使用しないことにより、環境にも優しく、壁が呼吸できる空間ができあがります。

★2階★
 
    ヨーロッパ漆喰の塗り壁
2階ダイニングの壁にはヨーロッパ漆喰を使用しています。ヨーロッパ漆喰は、日本の漆喰や珪藻土のように接着剤で固めるものではなく、空気中の二酸化炭素を吸収しながら年々固くなって風合いも増していく素材です。また、通常の塗り壁のように合成樹脂を含んでおりませんので汚れにくく、アルカリ性が高いので防カビ・抗菌性に優れています。  

   
パイン無垢フローリング
2階ダイニングの床と腰板には、レッドパインフローリング(節有り)を使用しました。自然素材のオイル仕上げで素材の質感をそのまま生かしているので、塗り壁と良く合います。

    無垢パイン天井と化粧梁
2階ダイニング勾配天井にはレッドパイン採用しました。家を支える構造の丸太梁を見せる構造としました。 

   
無垢パインドア
2階ダイニングのドアには無垢パインドアを使用しました。床・天井・ドアを全て同じパイン材で統一する事により、ナチュラルで落ち着いた空間に仕上がっています。



見学ご希望の方は、こちらからお願いします。

 

★仕上げ工事〜SU様邸

SU様邸では完成に向け、急ピッチで仕上げ工事を進めています。
 image2_118.jpg 今日は大工さんが再び現場入り。壁の仕上げも終わり、手すりやドアを着けてもらいました。
 手作り家具の扉も大工さんに作ってもらっています。 image1_176.jpg

夕方には現場の片付けが終わり、パインのナチュラルな仕上がりを見る事が出来るようになりました。明日は床の養生が全て剥がされ、清掃を行う予定です。

 

★ヨーロッパ漆喰塗り2〜SU様邸

SU様邸ではダイニングの壁に、ヨーロッパ漆喰を塗っています。
 image12_7.jpg 左官さんの作業の様子です。
漆喰の仕上げは、平坦な金コテ押えにしました。
 お施主様とお子様が、リフォームの記念として手形を押されました。塗り壁に跡を付ける事によって、思い出も刻み込まれる事でしょう。 image11_8.jpg

リフォームも来週中には完成予定ですので、作業も大詰めです。

 

★ヨーロッパ漆喰塗り〜SU様邸

SU様邸では大工さんの工事が終わり、左官さんか現場入りしました。
 image1_172.jpg 漆喰の下塗りをしている様子です。
今回の漆喰は、スペイン製のものを使用します。
暑い時期は、塗り壁材の水引き(水分の蒸発)が早いので、下地の調整と工事の速さが要求されます。

その他の仕上げ工事も、急ピッチで進めています。

 

★オーダーキッチンの取付け〜SU様邸

SU様邸では、当店オリジナルのオーダーキッチンの取付け工事を行っています。
朝にキッチンの材料が運ばれてきたのですが、2tトラック満載の状態を見て驚きました。結局、材料を全て取り込むのに、お昼前までかかってしまったのですが・・・。
 image1_168.jpg 1階のキッチンの様子です。このキッチンの扉はオーク材を使用しています。もちろん塩ビシート張りでありませんので、天然木の美しさと重厚感があります。引き出しのレールにはドイツ製の最高級のものを使用しています。
 2階でもキッチンを取付けています。こちらは、節のないパイン材を使用しました。天板には人造大理石。ナチュラルな仕上がりになりそうです。 image2_114.jpg

明日は、食器棚の取付けに入る予定です。

 

★漆喰下地〜SU様邸

SU様邸では左官さんが現場入りしました。
 image1_152.jpg外壁の焼板の上部は、漆喰で仕上げる予定です。今回使う材料は、ヨーロッパ漆喰ではなく日本の漆喰です。
写真は、漆喰下地の工事をしているところです。防水紙の上からクラックを防止する金網を取り付けています。
 内部ではパインの天井板を張っています。床のフローリングと同じ木目のものを使用していますので、統一感のある仕上がりになります。 image2_104.jpg

その他、パイン材を使った造作家具工事も予定しておりますのでお楽しみに。

 

★パインフローリング〜SU様邸

SU様邸では内部の造作工事が急ピッチで進んでいます。
 image2_102.jpg 写真は、2階の床板を張っている様子です。
今回も当店オススメのパインフローリング。
棟梁のH氏と、若手ホープK氏の名コンビで、テンポ良く作業が進みます。

今日は、インテリアアドバイザーとカーテンや照明器具の最終打ち合わせも平行して行い、プランがまとまりました。

 

★システムバスの取り付け〜SU様邸

SU様邸ではシステムバスの取り付けを行いました。
 image2_100.jpg 浴室が取り付けられた写真です。
写真では分かり辛いですが、システムバスを下から見上げたところです!?!?
実は、2階に浴室が取り付けられているのです。頑丈な鉄骨の梁で補強されているのがお分かりいただけますでしょうか?

 2階に上がると浴室が完成間近でした。
明日は1階のシステムバスの取り付けです。
 image1_146.jpg
 image3_60.jpg 外部では大工さんが、勝手口の庇(屋根)の取り付けをしています。これで外部の工事はほぼ完成。明日からは本格的に内部の造作に入ります。

キッチンの手配も完了しました。今回は当店オリジナルのオーダーキッチンです。
しかも1階にはオーク、2階にはパインのキッチンが設置されます。詳しくは後日、お知らせしますのでお楽しみに!

 

★外装下地〜SU様

SU様邸では外壁の防水紙を張りました。
 image1_143.jpg 大工さんが防水紙を張る様子です。このあと焼板を貼るのですが、万が一の水の進入は、この防水紙が防いでくれます。この工事は非常に大切で、熟知した職人さんでないと正しい施工が出来ません。
 構造の金物も全て付け終わりました。
金色に光るものは、小屋裏を換気する銅製のガラリです。これを使うと、外から見た感じもスッキリします。
 image2_97.jpg
 image3_58.jpg 妻側の外観です。屋根工事も終わり、先日加工した『破風板』と呼ばれる杉の板を取り付けました。迫力のある大きなものを使いました。

週末には天気が崩れそうな予報ですので、今週は外観を中心に工事を進めていきます。